香水を正しく使う女性の魅力が大きい

多くの人は、香水を脇にスプレーして味わうことができると勘違いしていますが、そうではありません。香りが混ざったら、かえって臭い匂いがするので、香水を正確に使う方法は知りません。

1、香水は汗をかきにくく、脈拍が目立つ部位は、耳の後ろ、首、手首、膝の上にある。

2、香水を使うときは一度に一度にスプレーしすぎ、少量のスプレーで効果を上げることができます。

3、染みを残さないように、香水を薄い色の衣にスプレーしないようにしましょう。

4、体の湿気が重いときは、香水を体にスプレーして、香りがより明らかになります。

5、自分のような香りがあるように、香水を吹きつけると、香水の空気の中を回転させて、香水を均等に体に落とします。

注意:肌に敏感な人は、下着の上に香水をスプレーし、ハンカチやスカートの裾をつけることができます。

服に香水の位置をつけることができます

通常の香水は、色の傷が形成されないように、服に直接こぼれないようにします。しかし、香水の無色透明化は、色の傷の形成があまりにもはっきりしないことがあるが、高級服の目立たない部位に、隠れた位置に香水を散布して、香水を減らすことで肌の刺激を減らすことができ、効果を高めることができる。特に秋、冬には厚着の時は、体に降り注いだところが、服の上には効果がある方がいい」と話した。これらの位置は

1、マフラー、帽子、襟、手袋、胸の中の襟。

2、下着です。

3、スカートの角のレースやスカートの角には。

4、袖、袖の中は芯など。

From 女性用香水ガイド, post 香水を正しく使う女性の魅力が大きい